蛇口修理なら【蛇口交換修理navi】

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7778

フリーダイヤル0800-805-7778

蛇口の構造

蛇口が壊れてしまっては水道水を使うことができません。
蛇口をひねっても水がでない、水漏れをしている場合など交換修理が必要になります。 そこで、修理業者の方に交換修理をしてもらうのですが、作業内容の説明を受ける際に理解を深めるためにも事前に蛇口について調べておくといいでしょう。
そこで、蛇口と言っても色々な部品や構造がありますが、基本的な構造をご紹介します。蛇口の構造は、蛇口のハンドルを閉めることで中のケレップ呼ばれる水栓用のコマで水を止めるしくみです。ハンドルの内部のネジによってケレップが上下します。 このような、蛇口に関する知識を少しでも持っていると蛇口修理業者の方に説明を受ける際にも安心できるでしょう。 それから、水道管には常に圧力がかかっていますので先ほどご説明したケレップを先端のゴム部分で押さえて水を止めます。 蛇口の水が出るところから水がぽたぽたと落ちて止まらない場合には、ケレップのゴムが消耗しているという事になりますので交換が必要です。 しかし、水漏れの原因は、パッキンの消耗だけではなく蛇口の破損や寿命です。 その場合は、ゴムの交換だけでは対処が難しくなるので業者による交換修理が必要です。

蛇口に関するお急ぎに事なら蛇口交換修理naviへご相談下さい!

スタッフ待機中!